サイトマップ

困ったら借りてみる

キャッシングが必要になる時によくあげられる例が冠婚葬祭です。たしかにご祝儀や香典で数万円はザラに飛んでいきますし、これが短期間に重なるとさすがに家計も苦しくなってきます。

 

最近ではお返しが大変になるので、ご祝儀や香典を受け取らないとところもかなり増えましたが、それでも用意だけはしておかないといけません。

 

それに冠婚葬祭ではご祝儀や香典だけではなく、交通費というのも馬鹿にはなりません。遠方で結婚式があったり、お葬式があったりなどすればそれだけでもかなりの出費となってしまいます。だからこそ、キャッシングを利用してこういった緊急の出費に備えておくという準備が必要になるでしょう。

 

キャッしングの審査を予め受けておいてキャッシングカードさえ作っておけば、いつでも必要な額だけを借り入れすることができます。

 

もちろん審査を申し込む前には、各社のサービスを比較検討して自分の状況に最適な会社を見つけておくという最低限のことはしてお来ましょう。

 

お金を借りるということに関して各社の差はないわけですから、違ってくるのは金利であったりアフターサービスであったり、従業員の対応だったりします。冷静にこれらを見極めてキャッシングを利用しましょう。

 

キャッシングの少額借り入れは気軽に使える

人によっては、「キャッシングで1万円借りたところで役に立たない」と思うかもしれません。しかし、1万円から借りられるところは、キャッシングのメリットでもあります。

 

たとえば、職場で冠婚葬祭の費用が必要になって借りる場合、5万円も10万円も必要ありません。1万円だけあれば、冠婚葬祭の費用としては十分です。1万円しか必要ないのに最低借入金額が5万円や10万円だったりすると、余分に借りてしまうことになってしまい、それだけ支払う利息も増えています。

 

これでは、お金を用意する手段としては便利でも、気軽に利用することはできません。1万円から借りることができるからこそ、気軽にATMなどから利用することができるのです。

 

ちなみに、多くのキャッシングなどでは、借り入れは1万円からになっています。しかし、実際には最低借入金額が1万円からとなっていても、千円単位から借りることは可能です。千円単位でお金を借りると、利息はほとんど付きません。ちょっとお金が足りないときなどに、千円単位で利用してみるのも良いかもしれません。

 

ただし、利息がほとんど付かないからといって、延滞を繰り返すと大きな金額になりますから、お金ができたらすぐに返しましょう。